本文へ戻る
      
  

ジンバル一体型設計&シームレス台形補正で投影がスムーズ!天井投影も超簡単

 

前回までのコラムでは、JMGO N1 Ultraのプロジェクターとしての基本スペックとなる、明るさ・鮮やかさといった部分を中心に取り上げてきました。

 

今回は、JMGO N1 Ultraのもう一つの注目ポイントである「ジンバル一体型設計」と「シームレス台形補正」をご紹介しましょう!

 

皆さんはプロジェクターを初めて家に導入したとき、設置場所に困った経験はありませんか?

「デザインも悪くないし、リビングのテーブルの上に置こう」と思っていたけれど、届いて設置してみたら想像以上に目立ってしまっていて映像に集中できない…。
「自動台形補正機能があるし、斜めに投影して視界の邪魔にならないようにしよう!」と思っていたけれど、補正の精度が悪くて結局いちいち手動で調整しないといけない…。
投影したい高さに合う置き場所がないから、上に向けるために下に物を敷いたり別売りのスタンドを買ったりしないといけない…。

こんな経験をされた方も少なくないのではないでしょうか。

 

そんなプロジェクターの設置場所問題を解決するのがJMGO N1 Ultraの「ジンバル一体型設計」と「シームレス台形補正」す!

 

──────────────────────────────────────────────────

ジンバル一体型設計

 

ジンバル一体型設計とは、その名の通りジンバル(上下左右に回転できる機構)スタンドが本体と一体になっている設計で、左右に360°、上下に135°回転することができます。

これまでのホームプロジェクターは投影する際の角度、特に上下の角度を変えるのが大変で、本体の下に本を挟んだり、別売りのスタンドを購入したりする必要がありました。

また、スタンドを購入したとしても前後に10〜15°までという制限があるものがほとんどです。

 

一方で、JMGO N1 Ultraは別売りのスタンドなどを使わずとも左右に360°、上下に135°と広い角度で変更することができるのです。

──────────────────────────────────────────────────

シームレス台形補正

シームレス台形補正とは、補正のための画面や待機時間がほとんどなく、プロジェクターの向きを変えるとそのままシームレスに自動で台形補正をしてくれる機能です。
この凄さは実際に見ていただくのが一番だと思いますので、ぜひこちらの動画をご覧ください!

このようにJMGO N1 Ultraのシームレス台形補正なら、壁に吸い付くように台形補正をし続けてくれます!

 

これまでのホームプロジェクターでは、動かしている間は画面が歪んでしまい、また補正が完了するまで310秒ほど待つ必要がありました。
これでは、設置したい場所からどのくらいのサイズで投影できるのかすぐわからず、もっとサイズを大きくしたいから後ろに下げたり、高さが合わないから角度を変えたり、と動かすたびに台形補正の待機時間が挟まって煩わしく感じてしまいます。

 

一方で、JMGO N1 Ultraは向きを変えるとそのままシームレスに台形補正をしてくれるので、この場所からこの角度で投影したらどれくらいのサイズになるのか、というのがすぐにわかります。
ジンバル一体型設計のおかげで高さもスムーズに変更できるので設置の手間を大幅に省くことができるのです。

──────────────────────────────────────────────────

天井投影も簡単

さて、「ジンバル一体型設計」と「シームレス台形補正」についてご説明してきましたが、最後にこの2つによって天井投影も非常に簡単であることをご紹介したいと思います。
天井投影といえば、本体が小さいモバイルプロジェクターや専用のスタンドを使用して行うイメージがありますが、JMGO N1 Ultraなら上下135°の回転ができるので特別な道具などなく簡単に天井に投影することができます。

さらにシームレスな台形補正は、天井でも精度が高いので自分の見やすい角度に簡単に設定することができますよ。

 

夕食後はスクリーンに投影して映画を鑑賞、寝る前には角度を変えて天井でドラマを見ながら就寝、プロジェクター本体は一切動かさず生活スタイルに合わせてフレキシブルに対応できるのがJMGO N1 Ultraなのです。

──────────────────────────────────────────────────

 

さて、今回はJMGO N1 Ultraの「ジンバル一体型設計」と「シームレス台形補正」をご紹介しました。

 

以前、プロジェクターの使い方についてユーザーアンケートを取ったところ、「動かすことはほぼない」という回答がほとんどでした。
それは、「動かす必要がないから」という理由ももちろんあるとは思いますが、一方でプロジェクター自体が動かしづらいから」という理由も少なからずあるのではないでしょうか。

 

せっかく高いお金を払って買ったプロジェクターなんだから、本当は映画を観るだけじゃなくていろんなところで有意義に使いたいと思う方も多いはずです。
角度を変えるだけで様々な場所に瞬時に投影できるJMGO N1 Ultraなら、そんな想いを叶えてくれるでしょう。

 

次回はいよいよ、製品発表会に関する情報をお届けします!お楽しみに!

 

▼JMGO N1 Ultraの商品ページはコチラ 

jmgo n1 ultra

前の投稿
最近の投稿
            
閉じる (esc)

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索

カートに追加する